2020/12/22にソフトバンクから新プランの発表がありました。
プラン名は「SoftBank on LINE(ソフトバンクオンライン)」です。

また、既存のメリハリプランに関してもプラン内容の変更がありましたので、新プランの発表内容と併せて確認をしていきます。

SoftBank on LINE(ソフトバンクオンライン)に関して

まずは、「SoftBank on LINE(ソフトバンクオンライン)」の内容を見ていきます。

4G/5G共通のプランとなっていて、毎月20GBのデータ量で、月額料金は2,980円(税抜)となっています。
また、このプラン料金の中に「5分以内国内通話無料」が含まれています。

さらに、コミュニケーションアプリ「LINE」がデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINEがギガノーカウント」となっています。

ちなみに、20GBのデータ容量超過後の通信速度は最大1Mbpsとなっています。

このプランより前に発表されているドコモの「ahamo(アハモ)」に対抗しているとはいえ、今までにない、料金プランとなっています。

  • ◇SoftBank on LINE(ソフトバンクオンライン)の要点
  • 4G/5G共通のプラン
  • 月額料金は2,980円(税抜)
  • データ使用量は20GB/月
  • データ容量超過後の通信速度は最大1Mbps
  • 1回5分以内国内通話無料込みのプラン
  • LINEの使用時のギガノーカウント

以上のようになっています。

補足としては

    • データ容量を超えた場合、500円/1GBで追加することができます
    • 1回当たり5分を超える国内通話は、20円/30秒の通話料が別途かかります。
    • また、5分を超える国内通話も無料になる通話オプション(月額1,000円)に加入できます。
    • 一部無料対象外の通話があります。

    メリハリプランのプラン内容の変更に関して

    そして、「SoftBank on LINE(ソフトバンクオンライン)」のプランと同日に発表された内容としてはメリハリプランのプラン内容の変更があります。
    プラン名称は「メリハリ無制限」です。

    「SoftBank on LINE(ソフトバンクオンライン)」と同じように4G/5G共通のプランとなっていて、月額料金は6,580円(税抜)となりました。

    元々は
    5Gのプラン料金は8,480円(税抜)でしたので、▲1,900円(税抜)の値下げとなっています。
    4Gのプラン料金は7,480円(税抜)でしたので、▲900円(税抜)の値下げとなっています。

    さらに、毎月のデータ利用料が3GB以下なら1,500円(税抜)が勝手に割引されます。

    元々、この勝手に1,500円(税抜)の割引サービスはありましたが、以前は基準が毎月のデータ利用料が2GB以下でしたので、今回の変更で割引の基準値が3GB以下となったことで適用されやすくなったと言えます。

    その他の割引サービスに関しては、「おうち割光セット」、「新みんな家族割」の2つがあります。

    おうち割光セット:毎月1,000円(税抜)の割引
    新みんな家族割(2人の場合):毎月600円(税抜)の割引
    新みんな家族割(3人の場合):毎月1,100円(税抜)の割引

    この2つの割引を適用させた場合の月額料金は以下のようになります。
    ・家族2人の場合:4,980円(6,580円 – 1,000円 – 600円)
    ・家族3人の場合:4,480円(6,580円 – 1,000円 – 1,100円)

    半年おトク割のサービスは無くなりましたが、よりシンプルな料金体系になったと言えます。

    何気にお得になったのが、テザリングのオプション料金が無料になったことです。
    ※テザリング・データシェアは合計30GBまでとなっています。

各プランの比較

以上、全項目にある2つが新プランの内容となっています。

プラン内容
メリハリ無制限SoftBank on LINE
データ容量無制限20GB
最大1Mbps
基本料金6,580円2,980円
家族割(3人の場合)▲1,100円
光セット割▲1,000円
月額料金合計4,480円2,980円
主な補足
メリハリ無制限SoftBank on LINE
通話プラン5分以内の国内通話が何度でも無料
サービス①月に3GB以内の場合
勝手に1,500円値引き
LINEがギガノーカウント
サービス②テザリング無料eSIM対応

毎月20GBもあれば、事足りる人も多いかと思いますが、より多くデータを使用する人やテザリングを使用する人、逆に3GB以内しか使わないという人にとっては勝手に1,500円割引もされますので、「メリハリ無制限」の方がプランとしては適していると言えます。

5Gスマホのラインナップに関して

新プランの発表の目玉の1つは5Gがとっつきやすくなったことです。

今までのメリハリプランでは、4Gプランと5Gプランでは月額料金に1,000円(税抜)の差がありましたが、今回の料金プランの改定でその1,000円(税抜)の差もなくなったこと、特に5Gプランだと▲1,900円(税抜)の値下げとなっていることが大きな変更点となっています。

5G対応機種に関してはiPhone12シリーズ以外にもGooglePixelやandroid機種でも多数発売されていて、今後の発売機種も5G対応機種がメインになっていく流れとなっていますので、5Gの月額料金が大きく値下げされたことは非常にインパクトの大きな料金改定となっています。

主な5G対応機種と機種代金は以下のようになっています。

・iPhone12Pro(128GB):総額137,520円(税込)、月々2,865円(税込)
・iPhone12Pro(256GB):総額151,920円(税込)、月々3,165円(税込)
・iPhone12Pro(512GB):総額180,000円(税込)、月々3,750円(税込)
・iPhone12ProMAX(128GB):総額151,920円(税込)、月々3,165円(税込)
・iPhone12ProMAX(256GB):総額166,320円(税込)、月々3,465円(税込)
・iPhone12ProMAX(512GB):総額194,400円(税込)、月々4,050円(税込)
・iPhone12(64GB):総額110,880円(税込)、月々2,310円(税込)
・iPhone12(128GB):総額116,640円(税込)、月々2,430円(税込)
・iPhone12(256GB):総額131,040円(税込)、月々2,730円(税込)
・iPhone12mini(64GB):総額94,480円(税込)、月々2,010円(税込)
・iPhone12mini(128GB):総額102,960円(税込)、月々2,145円(税込)
・iPhone12mini(256GB):総額116,640円(税込)、月々2,430円(税込)

・Google Pixel4a(5G):総額57,600円(税込)、月々1,200円(税込)
・Google Pixel5:総額87,840円(税込)、月々1,830円(税込)

・Xperia5Ⅱ:総額115,200円(税込)、月々2,400円(税込)
・AQUOS zero5Gbasic:総額65,520円(税込)、月々1,365円(税込)
・AQUOS R5G:総額129,600円(税込)、月々2,700円(税込)
・ZTE Axon10Pro5G:総額72,720円(税込)、月々1,515円(税込)
・LG V60 ThinQ5G:総額139,680円(税込)、月々2,910円(税込)
・OPPO Reno3 5G:総額68,400円(税込)、月々1,425円(税込)

上記のようにGoogle Pixel4a(5G)だと毎月の機種代金は1,200円となっていて、通信料金込みの料金は以下のようになります。

メリハリプラン無制限の場合:1,200円 + 4,480円×税 = 6,128円(税込)
SoftBank on LINEの場合:1,200円 + 2,980円×税 = 4,478円(税込)

※メリハリプラン無制限の場合は月に3GB以内のデータ使用量でしたら、1,500円×税=1,650円の割引が勝手に入りますので、SoftBank on LINEの場合と同様に4,478円(税込)となります。

今後、5Gの対象エリアも増えていくことも予定されていて、色々なサービスに触れていくことを考えると「メリハリプラン無制限」がプランとしては最適なものとなっていく可能性があります。

これを機にプランの見直しをしてみてはいかがでしょうか。