2020/12/22にソフトバンクから新しい料金プラン「SoftBank on LINE」と既存プランの「メリハリプラン」の内容変更の発表がありました。

その少し前にドコモからも同様に新プランの「ahamo(アハモ)」の発表と既存プランの内容変更の発表がありました。

一見、この2社のプランを見てみると同じ内容に感じますが、細かいところで相違点も出てきています。
実際のプラン運用は来年の3月からの開始となっていて、ところどころ内容が未確定な部分はありますが、両者のプランの比較をしつつ詳細を確認していきます。

ドコモの新プランに関して

ahamo(アハモ)
まず、ドコモから「ahamo」という新プランの発表がありました。

使用出来るデータ容量は20GB/月で、月額料金は2,980円(税抜)の1つだけという、いたってシンプルな内容となっています。

この2,980円(税抜)という料金の中には「1回5分以内の国内通話が無料」という内容も含まれていますので、格安スマホ並みの料金体系となっています。
また、+1,000円(税抜)/月を足すことで国内通話無料にするオプションもあります。

ちなみに、20GB超過後の速度制限に関しては、「最大1Mbps」となっています。

4Gだけでなく5Gも同じ料金となっています。

整理→

  • 使用データ量:20GB/月
  • データ超過後の速度:最大1Mbps
  • 月額料金:2,980円(税抜)
  • 1回5分以内の国内通話が無料
  • 4G/5G共に対応

次に既存プランの「ギガホ」の内容変更に関してす

ギガホプレミア

ahamo(アハモ)と違って、ギガホプレミアの場合、5Gと4Gで内容が異なっています

5Gギガホプレミア:データ容量は無制限で月額料金は6,650円(税抜)
4Gギガホプレミア:データ容量は60GB/月で月額料金は6,550円(税抜)

ここから各種の割引が入ることで月額料金も下げることが出来るようになっています。

割引内容→

  • dカードお支払い割:▲170円(税抜)
  • みんなドコモ割(3回線以上):▲1,000円(税抜)/回線ごと
  • ドコモ光セット割:▲1,000円(税抜)/回線ごと

割引適用後の月額料金は以下になります。

5Gギガホプレミア:4,480円(税抜) 6,650円 – 170円 – 1,000円 – 1,000円
4Gギガホプレミア:4,380円(税抜) 6,550円 – 170円 – 1,000円 – 1,000円

そして、音声オプションとして

  • かけ放題プラン:1,700円(税抜)/月
  • 5分通話無料:700円(税抜)/月

の2つがあります。

「ギガホ割」という半年間▲1,000円(税抜)/月の割引が無くなったとはいえ、元々の基本料金も安くなっており、分かりやすいプラン内容となりました。

整理→

  • 使用データ量:5Gの方は無制限、4Gの方は60GB/月
  • データ超過後の速度:最大1Mbps
  • 月額料金:5Gの方は6,650円で各種割引適用で4,480円
  • 月額料金:4Gの方は6,550円で各種割引適用で4,380円
  • 月額料金:国内通話オプションとして、かけ放題は1,700円(税抜)/月、1回につき5分通話無料は700円(税抜)/月
  • 4G/5G共に対応

ソフトバンクの新プランに関して

次にソフトバンクのプランの整理をしていきます。
ドコモと同様にデータ容量20GB用のプランと、大容量プランの2つがあります。

SoftBank on LINE
ドコモの「ahamo(アハモ)」のプランと同様に使用出来るデータ容量は20GB/月で、月額料金は2,980円(税抜)の1つだけとなっています。

この2,980円(税抜)という料金の中には「1回5分以内の国内通話が無料」という内容も含まれています。
+1,000円(税抜)/月を足すことで国内通話無料にするオプションもあります。

ちなみに、20GB超過後の速度制限に関しては、「最大1Mbps」となっています。

4Gだけでなく5Gも同じ料金となっています。

整理→

  • 使用データ量:20GB/月
  • データ超過後の速度:最大1Mbps
  • 月額料金:2,980円(税抜)
  • 1回5分以内の国内通話が無料
  • 4G/5G共に対応

以上で整理したように、基本的にはドコモの「ahamo(アハモ)」と同じ内容となっています。

ただ、ドコモの「ahamo(アハモ)」は解約金が発生しないのに対して、ソフトバンクの「SoftBank on LINE(ソフトバンクオンライン)」の方は解約金が発生するのかどうかが未発表だという点や、「ahamo(アハモ)」はdocomoのキャリアメールが使用できないが、「SoftBank on LINE(ソフトバンクオンライン)」はキャリアメールが使用できるかどうかも未発表だという点が今のところの相違点となりうるところなっています。

メリハリ無制限

ソフトバンクの方は4Gも5Gも同様の内容となっていますので、よりシンプルなプランとなっています。

メリハリ無制限:データ容量は無制限で月額料金は6,580円(税抜)

ここから各種の割引が入ることで月額料金も下げることが出来るようになっています。

割引内容→

  • 新家族割(3回線以上):▲1,100円(税抜)/回線ごと
  • おうち割光セット:▲1,000円(税抜)/回線ごと

割引適用後の月額料金は以下になります。

メリハリ無制限:4,480円(税抜):6,580円 – 1,100円 – 1,000円

「半年おトク割」という半年間▲1,000円(税抜)/月の割引が無くなったとはいえ、元々の基本料金も安くなっており、かつ4Gも5Gも同じプラン体系となっていますのでより分かりやすくなっています。

整理→

  • 使用データ量:5G、4Gともに無制限
  • データ超過後の速度:-
  • 月額料金: 6,580円で各種割引適用で4,480円
  • 国内通話オプションは未発表だが、既存のメリハリプランと同じ内容だとするとかけ放題は1,800円(税抜)/月、1回につき5分通話無料は800円(税抜)/月
  • 4G/5G共に対応

両者の20GBプランの比較

表にして整理してみると、ahamo(アハモ)もSoftBank on LINE(ソフトバンクオンライン)もほぼ同じ内容になっていると一見して分かります。

プラン内容
ドコモソフトバンク
プラン名ahamoSoftBank on LINE
プラン名(読み名)アハモソフトバンクオンライン
月額料金2,980円2,980円
データ使用容量20GB20GB
データ超過後最大1Mbps最大1Mbps
4G/5G両方対応両方対応
通話1回5分以内の国内通話が無料1回5分以内の国内通話が無料
通話オプション+1,000円でかけ放題+1,000円でかけ放題
解約金未発表
キャリアメール使用出来ない未発表

追々発表されると思われますが、SoftBank on LINEの方の行方次第で両者の差異が生まれる可能性は残っています。

両者の大容量プランの比較

20GBプランとは違って、大容量プランの方は現時点でも違いがありますので、整理していきます。

プラン内容
ドコモドコモソフトバンクソフトバンク
データ容量5G4G5G4G
プラン名5Gギガホプレミアギガホプレミアメリハリ無制限メリハリ無制限
月額料金:割引前6,650円6,550円6,580円6,580円
月額料金:割引後4,480円4,380円4,480円4,480円
データ使用容量無制限60GB無制限無制限
データ超過後の速度最大1Mbps
1回5分無料の通話オプション+700円+700円未発表未発表
無料通話オプション+1,700円+1,700円未発表未発表
解約金1,000円1,000円未発表未発表

基本的な項目は上記になっていますが、ソフトバンクの方はまだ未発表の部分は多いです。
現状の「メリハリプラン」と同様だとすると未発表の部分は以下のようになります。

  • 1回5分無料の通話オプション:+800円(税抜)
  • 無料通話オプション:+1,800円(税抜)
  • 解約金:無し

未発表の部分も仮に現状の「メリハリプラン」と同じ内容だと仮定したうえで、両キャリアのプランの相違点を各々の観点から整理していきます。

ドコモの「ギガホプレミア」の優れている点
・テザリングの制限がない
・通話オプションが100円安くなる可能性がある

ソフトバンクの「メリハリ無制限」の優れている点
・5G/4G共に統一した料金体系なのでシンプルで分かりやすい。
・5G/4G共にデータ使用量が無制限となっている。
・解約金が発生しない可能性がある。

以上のようになっています。

ドコモ、ソフトバンク共に新プランのスタートが2021年3月からのスタートとなっていて、まだ未確定な部分はありますが、継続して情報の整理をしていきます。