利用している携帯電話会社を変更したい!でも電話番号は変えたくない・・。

そんな時に便利なのが、MNP(エム・エヌ・ピー)です。

MNPとは?

MNPは(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)の略。今お使いの電話会社を解約して、番号を変えずに別の電話会社に移転することができる制度です。

いわば携帯電話のお引っ越し。「乗り換え」とも呼ばれます。

基本的にdocomo/au/ソフトバンク/各格安スマホ(MVNO)など日本で携帯電話のサービスを提供している全ての会社間で乗り換えを行うことが可能。

電話番号が変わらないので、友達や家族に変更を知らせる必要もありません。そして何より料金プランや割引サービスなどの特典が多いのが特長です。

大まかなMNPの流れ

MNPの概要図

一般的に、MNPを利用して現在の会社を解約することを「転出」。そのあと、新しい会社で契約することを「転入」と呼びます。

MNPの流れを簡単に言うと・・

  1. ①「転出」

    現在お使いの電話会社で手続き(MNP予約番号の発行)

  2. ②「転入」

    新しい電話会社で加入の手続き(契約)

  3. ③開通

    新しい電話会社が開通になったと同時に以前の電話会社は自動的に「解約」となる。

転出・転入先で発生する手数料はそれぞれ、支払い口座から翌月以降に引き落としされます。

MNP予約番号とは?

MNPの手続きで重要なのが「MNP予約番号」を発行してもらうこと。

MNP予約番号とはMNPに必要な10ケタの番号です。現在利用中の会社、つまり転出する会社から発行してもらう必要があります。

電話番号を引き継ぐためのキーワードみたいなものですね。

取得した予約番号を新たに契約する会社の手続き時に提示することで、利用中の電話番号を変えずに移行することができるというわけです。

MNP予約番号は電話から取得するのが一番簡単でおすすめ。大手キャリアの電話窓口に電話して発行してもらいましょう。10分程度で取得可能です。

  • ドコモ151(インフォメーションセンター)
  • au0077-75470(MNP予約受付センター)
  • ソフトバンク0800-100-5533(MNPお問い合わせ窓口)

この「MNP予約番号」には有効期限がありますが、何度でも無料で再発行が可能。特徴は下記の通りです。

  • 有効期限は、発行した日を含めて15日間
  • 有効期限が過ぎても新たに取り直すことが可能
  • 予約番号の発行自体は無料
  • 無事MNPが完了すると転出手数料が発生

何回でも取り直すことができるので、乗り換えを思い立ったら早めに取得するのがよいかもしれませんね。(ただし転入する会社によっては有効期限の残り日数が何日以上~と決められている場合もあります)

スマホ・ケータイの契約種別

MNPは携帯電話を契約する場合の種別のひとつ。契約種別には大きく分けて「新規契約」「機種変更」「MNP(乗り換え)」の3パターンがあります。

新規契約

現在、携帯電話を利用していない方など、MNPを利用しないで新たに電話会社に契約すること。

機種変更

機種変更とは同じ会社を継続しつつ、スマホ・ケータイ機種のみ変更(購入)すること。

MNP(乗り換え)

契約する会社(回線)を利用中の電話番号は変えずに乗り換えること。機種本体は新しい会社で購入しても良いし、今まで利用していたものを引き続き使用することもできます。
ただしドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアで購入した機種を別会社で使うにはSIMロックの解除が必要となります。

なぜ、MNPは優遇されるのか?

MNPは転入先のキャリアにとっては、他のライバル会社から移動してもらい、かつ自社の契約数も増えるという2つの効果があるため、機種変更よりも優遇される傾向にあります。

つまり、スマホを安く購入するには、特典が優遇されるMNPが一番ということ。

もちろん、お気に入りのキャリアであれば無理に他社へ乗り換える必要はありません。機種変更の場合でもMNPほどではないにしろ、下取りなどの適用により割引を受けられます。

MNPか機種変更か

現在の会社で機種変更するか、それとも他社へMNP(乗り換え)するか迷っている方に、それぞれのメリット&デメリットを解説します。

MNP・機種変更の比較

特典の内容

機種変更 MNP(乗り換え)
公式キャンペーンの割引 少ない 多い
販売店キャンペーンの特典 なし。または少ない 多い

手続きに必要になるもの

機種変更 MNP(乗り換え)
本人確認書類
クレジットカードもしくは預金通帳
印鑑
お使いの端末
MNP予約番号 必要

かかる諸費用

機種変更 MNP(乗り換え)
新規契約事務手数料 3,240円
MNP転出手数料 ドコモから2,160円
auから3,240円
ソフトバンクから3,240円
契約解除料 更新月なら不要
更新月以外は9,500円
端末代の残金 完済していない場合は引き続き支払いが必要

上記をまとめると機種変更と違い、MNPの場合は「契約事務手数料」、「MNP予約番号」、「MNP転出手数料」が必須となります。

「確実に」必要となる料金

MNPに必須の手数料の合計計6,480円

ちなみに「MNP転出手数料」は、基本は旧キャリアの最後の月額料金の引き落としと同時に引き落としとなります。タイミングによっては1ヶ月遅れになる場合もあります。

「状況によって」必要になる料金

更新月以外ですとキャリアを解約する解約料9,500円(税込10,260円)が発生します。

機種を分割で購入し、支払いがまだ残っている場合は引き続き分割での支払いが必要です。

とはいってもMNPをする場合には特典があるので、これらの費用は特典でまかなうことが可能。後ほど詳しく紹介します。

それぞれのメリット・デメリット

上記のとおり、MNPを行うと各事務手数料が発生します。さらに今までキャリアのメールを利用していた方は、そのアドレスが使えなくなりますので注意が必要。

機種変更よりも手続きが多いため「簡単に手続きを済ませたい」という方にはデメリットに感じられるかもしれませんね。

しかしそのことを踏まえてもMNPの方が確実にメリットが大きい、と断言できます。

それは他社から乗り換える方向けに用意された、キャリアの公式キャンペーン販売店のキャンペーン特典。このダブル特典の破壊力が半端ないからです。

それでもMNPが得になる理由

キャリアの販売店によっては、乗り換えの方限定の特典として現金還元、つまり「キャッシュバック」を出しています。

当社「スマホ乗り換え.com」の場合でも、ソフトバンクへのMNPにより、大幅なキャッシュバックがありますので、この諸費用はキャシュバック金額で十分まかなえます。

当社キャシュバックは一括お渡しだけでなく、毎月の利用料金から割り引くことも出来るので、機種変更よりも月々の料金を安くできます。

MNPで安く新機種を手にしよう!

ソフトバンクに乗り換える方限定となりますが、当社「スマホ乗り換え.com」のキャンペーンを利用すれば、安く新機種を手に入れることができます。

MNPを検討中の方はぜひご活用ください!

「スマホ乗り換え.com」の特長はこちらで紹介しています。

フォームから問い合わせるだけで
特典やお客様に合ったプランをお知らせします

まずは当社のプラン&特典をお確かめ下さいまずは当ショップの プラン&特典をお確かめ下さい
入力簡単60秒。プラン見積もり・お申込み入力簡単60秒。プラン見積もり・お申込み
0066-9735-7018
【通話無料】受付時間 9時〜23時

特典・お手続き内容などに関するご質問もお気軽に!

スマホ乗り換え.comトップへ