ソフトバンクの家族割「新みんな家族割」をわかりやすく解説していきます。

2021年3月17日に「みんな家族割+」から「新みんな家族割」に名称変更し、内容もリニューアルしました。

“家族”の条件や申し込み方法、月額料金例の他、合わせて使えるキャンペーンなどもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

金額は記載がない限りは税込です。

「新みんな家族割」とは

新みんな家族割」は、ソフトバンクが提供している割引キャンペーンです。

割引き対象のプランに加入すると、ソフトバンクを利用している対象家族の人数に応じた金額が割引きされます。

家族・親族だけでなく、同じ住所に住んでいる恋人や友人でも申し込めるのが特長です。

「家族」の範囲は?

新みんな家族割の家族対象と例
対象者
同住所の家族・親戚同住所である確認が必要。親等数の制限なし。
  • お父さん、お母さん
  • 夫婦
  • 兄弟、姉妹
  • おじいちゃん、おばあちゃん
  • 孫、ひ孫
  • いとこ、はとこ
  • 遠方の親戚
別住所の家族・親戚親族関係の確認が必要。親等数の制限なし。
同住所の友人・恋人同住所である確認が必要。
  • 一緒に住む恋人
  • シェハウスの仲間

ソフトバンクの「家族」は対象範囲が広く、同住所なら家族だけでなく友人・恋人でもOK。

別住所の家族・親戚ももちろんOK。また、「●親等まで」といった親等数の制限もないので、またいとこや甥っ子、姪っ子、さらにそのいとこ、なんていう遠い親戚でも大丈夫です(ただし血縁関係を証明する書類が必要です)。

手続きには確認書類が必要

同じ住所に住んでいる場合は、それぞれの住所が確認できる書類(運転免許証、保険証等)が必要です。

別住所に住んでいる場合は、婚姻・血縁関係が確認できる書類(戸籍謄本 等)が必要になります。

必要な書類については、のちほど詳しく紹介します。

「家族割引グループ」への加入が必要

親族や同居人を”家族”として登録するには、ソフトバンクの「家族割引グループ」に申し込む必要があります。

家族割引グループとは、加入しているメンバー同士の通話やメール・SMSが24時間無料になる割引サービスです。
ソフトバンク「家族割引」イメージ
出典:「家族割引」とはどんなサービスですか? | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク

つまり、この家族割引グループのサービス(家族間の通話・メール無料)に加えて、新みんな家族割の対象になれば、さらに割引き特典がうけられる。ということですね。

公式ページ:「家族割引」とはどんなサービスですか?

家族割引グループは最大10回線まで

家族割引グループに登録できるのは、最大10回線までとなります。

また、加入できる家族割引グループは1つだけです。たとえば、

  • お父さんが代表回線の家族割引グループ
  • 叔父さんが代表回線の家族割引グループ

の2つがあった場合、どちらにも加入はできますが、実際に加入できるのはどちらか一つのグループだけです。

家族割引グループの対象機種

ソフトバンクで以下の機種を利用している方なら、家族割引グループに加入できます。

  • iPhone、スマートフォン
  • ケータイ(ガラケー)
  • みまもりケータイ
  • iPad、タブレット
  • モバイルWi-Fiルーター
  • モバイルシアター

タブレットやポケットWi-Fi利用者でもOKです!

新みんな家族割の割引き内容

対象プランと割引き金額

新みんな家族割の割引き金額は、加入している割引き対象プラン家族数によって異なります。

割引対象プランと家族数ごとの割引額は以下の通り。

割引き対象プランと家族数ごとの割引額
割引対象プラン割引額(税込)
メリハリ無制限データプランメリハリ無制限
  • 家族2人:660円
  • 家族3人~:1,210円
新規受付終了
メリハリプランデータプランメリハリ
新規受付終了
ウルトラギガモンスター+データプラン50GB+データ定額50GBプラス
  • 家族2人:550円
  • 家族3人:1,650円
  • 家族4人~:2,200円
新規受付終了
ウルトラギガモンスターデータ定額50GB
  • 家族2人:1,650円
  • 家族3人:1,980円
  • 家族4人~:2,200円

現在加入できるプランは「メリハリ無制限」だけですが、新規受付終了済みのプランに加入している方も割引きが受けられます。

家族数は「カウント対象プラン」の加入数で決まる

割引き金額を決めるための「家族数」は、家族割引グループの中で「カウント対象プラン」に加入している回線数で決まります。

以下2つの条件を満たした回線が「家族数」としてカウントされます。

  • 同じ家族割引グループに加入している事
  • カウント対象プランに加入している事
家族数カウント対象プラン
  • データプランメリハリ無制限
  • データプランミニフィット+
  • データプランメリハリ
  • データプランミニフィット
  • データプラン50GB+
  • データプランミニ
  • データプラン1GB(スマホ/ケータイ)
  • データプラン100MB
  • データ定額50GBプラス
  • データ定額50GB
  • データ定額ミニモンスター
  • データ定額スマホデビュー

データシェアプラス(子回線)、家族データシェアに加入の場合は、割引き、家族数カウントともに対象外。

家族割引グループに加入していても、上記以外のプランに加入している回線は「家族数」にはカウントされません。

「新みんな家族割」の割引きイメージ

家族3人で家族割引グループを組んでいる場合の「新みんな家族割」割引きイメージです。

「新みんな家族割」割引きイメージ

この家族の場合は・・

  • 3人ともカウント対象プランなので、家族数のカウントは3人
  • 子どもはミニフィットプラン+なので割引き対象外
  • お父さん、お母さんは割引き対象プランのメリハリ無制限なので家族3人~:1,210円(税込)の割引きが適用。

となりますね。

割引きが適用される期間

新みんな家族割の割引きは、適用条件を満たしている限り永年つづきます。

割引き対象プラン以外の料金プランに変更したり、家族割引グループから外れたりしない限り、割引きはずっと続く。ということですね。

適用条件についてはのちほど解説します。

新みんな家族割の適用条件は?

新みんな家族割の割引き特典がうけられる条件は以下のようになります。

  • 割引き対象プランに加入していること
  • 家族割引グループに加入していること
  • 家族割引グループ内に、家族数カウント対象プランに加入している回線が2回線以上あること

この適用条件から一つでも外れてしまうと割引きは終了となります。

その他、以下に該当した場合も割引きが解除されます。

割引き対象プラン内でのプラン変更は可能?

割引き対象ではないプランに変更すると割引きは終了してしまいますが、同じ割引き対象プランへの変更なら割引きは継続されます。

ただし、現在受付可能なプランは「メリハリ無制限」だけなので、内容によっては割引き額が大幅に下がってしまうこともあるので注意してください。

料金プランごとの割引き額(税込)
割引対象プラン2人3人4人~
メリハリ無制限660円1,210円1,210円
メリハリプラン550円1,650円2,200円
ウルトラギガモンスター+550円1,650円2,200円
ウルトラギガモンスター1,650円1,980円2,200円

新みんな家族割の月額料金例

メリハリ無制限で新みんな家族割を利用した場合の月額料金例を見てみましょう。

メリハリ無制限は、データ通信量が無制限で利用できる大容量プランです。また、一か月のデータ利用量が3GB以下だった月は自動的に1,650円(税込)が割引きされる「勝手に割引」がつきます。

家族2人の場合(税込)
合計(税込)4,928円6,578円
3GB以下 3GB超過
メリハリ無制限7,238円7,238円
勝手に割引月3GB以下時:-1,650円-1,650円0円
新みんな家族割家族2人:-660円/月-660円-660円
家族3人以上の場合(税込)
合計(税込)4,378円6,028円
3GB以下 3GB超過
メリハリ無制限7,238円7,238円
勝手に割引月3GB以下時:-1,650円-1,650円0円
新みんな家族割家族2人:-660円/月-1,210円-1,210円

端末を購入する場合は、上記に加えて端末代金がかかります。

↓メリハリ無制限の解説はこちら

「おうち割光セット」でさらに割引き

新みんな家族割を申し込むなら、一緒に「おうち割 光セット」も申し込むのがオススメです。

「おうち割 光セット」は、ソフトバンク光やSoftBank Air(ソフトバンク エア)といったソフトバンクが提供するインターネット回線サービスを利用すると、スマホの料金から毎月1,100円(税込)がずっと割引きになるキャンペーンです。

「おうち割 光セット」も新みんな家族割と同じように、家族割引グループ内で割引き対象プランに加入している家族全員が割引き対象になります。

↓おうち割 光セットの解説はこちら

新みんな家族割の申込み方法

「新みんな家族割」自体の申し込みは不要

新みんな家族割の申込み自体は必要ありません。条件をすべて満たしていれば自動的に新みんな家族割の割引きが適用されます。

まずは家族割引グループに申し込もう

ソフトバンクの家族割引グループに加入していない場合は、申込み・加入をしましょう

家族割引グループに加入するには、ソフトバンクの携帯電話を利用している家族(または同居中の友人等)が、自分を含めて最低2人以上必要です。

家族や、同居中の恋人・友人等と一緒にソフトバンクに乗り換えるか、親戚にソフトバンク利用者がいないか確認してみましょう。

家族割引グループはどこで申し込める?

家族割引グループへの加入手続きはお近くのソフトバンクショップで行うことができます。

また当店「スマホ乗り換えドットコム」なら、契約手続き時に申込み可能ですので、ご希望の方はお気軽にお申し出ください。

家族割引グループの申し込みに必要なものは?

申し込みの際には「本人確認書類」や「家族確認書類(親族関係が確認できるもの)」が必要です。必ず原本(コピーは不可)が必要

「本人確認書類」として利用できるもの
  • 運転免許証(国際免許は不可)
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード(通知カードは不可)
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者手帳
  • 健康保険証+補助書類(公共料金領収書・住民票記載事項証明書・ソフトバンク発行の請求書や領収書)
「家族確認書類」として利用できるもの
  • 同姓・同住所が確認できる本人確認書類
  • 住民票記載事項証明書
  • 戸籍謄本
  • 同性パートナーシップ証明書

補助書類や住民票、戸籍謄本、同性パートナーシップ証明書は発行から3ヶ月以内のものに限ります。

家族割引グループを新しく作るのか、すでにあるグループに加入するのかによって必要な書類が変わります。

家族割引グループを新しく作る場合

家族・親戚と加入する場合
同住所の場合同住所が確認できる加入者全員の本人確認書類⇒運転免許証、健康保険証 等
別住所の場合以下1、2の両方必要

  • 1.加入者全員の本人確認書類⇒運転免許証、健康保険証 等
  • 2.下記いずれかの家族確認書類⇒戸籍謄本・住民票記載事項証明書・同性パートナーシップ証明書(発効から3ヶ月以内)
恋人・友人と加入する場合
同住所の場合同住所が確認できる加入者全員の本人確認書類⇒運転免許証、健康保険証 等
別住所の場合家族割引グループ加入不可

すでにある家族割引グループに加入する場合

既存グループに加入する場合は、新規作成時の書類に加えてすでに加入している方1名の本人確認書類が必要になります。

家族・親戚と加入する場合
同住所の場合以下1、2の両方必要

  • 1.すでに加入している方(1名)の本人確認書類⇒運転免許証、健康保険証 等
  • 2.新たに加入する方全員の本人確認書類1の既存グループ加入者と同住所であることが確認可能なもの⇒運転免許証、健康保険証 等
別住所の場合以下1~3のすべて必要

  • 1.すでに加入している方(1名)の本人確認書類⇒運転免許証、健康保険証 等
  • 2.新たに加入する方全員の本人確認書類1の既存グループ加入者と同住所であることが確認可能なもの⇒運転免許証、健康保険証 等
  • 3.下記いずれかの家族確認書類⇒戸籍謄本・住民票記載事項証明書・同性パートナーシップ証明書(発効から3ヶ月以内)
恋人・友人と加入する場合
同住所の場合以下1、2の両方必要

  • 1.すでに加入している方(1名)の本人確認書類⇒運転免許証、健康保険証 等
  • 2.新たに加入する方全員の本人確認書類1の既存グループ加入者と同住所であることが確認可能なもの⇒運転免許証、健康保険証 等
別住所の場合家族割引グループ加入不可

新みんな家族割の注意点

      • ソフトバンクの「家族データシェア」または「データシェアプラス(子回線)」に加入中の方は「家族割引」グループの人数に含むことができず(カウントの対象外)割引も受けられませんのでご注意ください。
      • 適用条件が成立したその請求月から割引が適用となります。(月の途中の場合は日割りでの割引となります)
      • プラン変更や解約など、適用条件が成立しない申し込みをした場合は割引が終了します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

新みんな家族割は、家族や同居人にソフトバンク利用者がいる必要があるので対象者は限られますが、ソフトバンクの「家族」は、他社の家族割よりも対象範囲が広いので、家族割の中では比較的適用しやすいキャンペーンです。

ソフトバンクに乗り換えるなら、家族や同居人と一緒に乗り換える、または親戚にソフトバンク利用者がいないか確認する、といったひと手間でずーっと割引きがつくので、ぜひ利用してみてください!