ソフトバンクは2020年3月27日に「SoftBank5G」を開始しました。

それに伴い、CMやメディアでも5G(ファイブジー)という言葉をよく耳にするようになりましたね。
「そもそも5Gとはなんだろう?」と思っている方も多いのではないでしょうか。
今回の記事では5Gとはなんなのか、今までとどう違うのかを詳しく解説していこうと思います。
それではいきましょう!

5Gとは?

5Gとは第5世代移動通信システムのこと。
「高速・大容量」「超高信頼低遅延」「多数同時接続」
の3つの特徴を持ちます。

5Gが始まることで、スマホやタブレット端末に限らず生活における通信のあり方が大きく変化すると言われています。

5Gと4Gの違い

5Gは4Gに比べ、飛躍的に通信技術が進化していると言われています。
5Gの通信速度は4Gの20倍遅延は4Gの1/10で、4Gの10倍のデバイスを同時に接続できると言われています。

5Gで何が変わる?

「高速・大容量」「超高信頼低遅延」「多数同時接続」それぞれの特徴を持つことで具体的にどう変わるのでしょうか。

高速・大容量で何が変わる?

長時間の映画や動画が数秒でダウンロード可能に

2時間の動画を既存の4G LTEでダウンロードする場合、約5分かかるところを5Gでは数秒でダウンロード可能に。

4Kだけではなく8K画質の映像をスマホでダウンロードして閲覧が可能に

高品質なコンテンツを手軽にダウンロードができるようになります。

VRやARなどのサービスが広がる

5Gサービス開始に伴い、今まで一部の業界で活用されていたVR(仮想現実)やAR(拡張現実)がもっと身近になると考えられます。
具体的には、手術のシュミレーションとして医療現場で活用されたり、自分がまるで選手になったかのようなスポーツ観戦ができたり、観光地を実際に目にしているかのように視聴できることで、旅行意欲をかきたてるプロモーションができたりと様々な分野でVRやARなどのサービスが広がるでしょう。

超高信頼・低遅延で何が変わる?

情報通信がよりリアルタイムに

5Gの低遅延性により、あらゆる情報がリアリタイムに通信できるようになります。この特性を生かした具体例として、遠隔医療や自動車の自動運転などが挙げられます。

街全体が暮らしやすく

5Gサービスは個人・法人だけでなく行政でも活用されるでしょう。顔認証システムによりセキュリティが強化されたり、エレベーターホールが混雑緩和されたり、荷物の運搬にドローンが使われたりと、社会全体が暮らしやすくなると予想されます。

多数同時接続で何が変わる?

多くのものがネットに繋がる

スマホやパソコンに限らず、家電や車など身の回りのものもインターネット接続が可能になることで、多くの情報を取得できるようになります。その結果、交通情報が管理され渋滞が緩和されたり、水道やガスなどのエネルギー資源の効率よい配分が可能となるでしょう。

5gの特徴について画像はソフトバンク公式HPのものです。

5Gスマホとは?

5Gスマホとは5G対応チップを搭載したスマホのこと。5G対応のチップでないと、5G規格の基地局と通信ができないので5Gサービスを受けられません。今までのスマホのチップは4Gまでしか対応していないので注意が必要です。5Gサービスを受けるには5G対応機種を用意しましょう。

ソフトバンク5G対応スマホ

3月27日以降、ソフトバンクから5G対応スマホ「AQUOS R5G」「ZTE Axon 10 Pro 5G」「LG V60 ThinQ 5G」「OPPO Reno3 5G」の4機種が順次発売されます。

ソフトバンクの5G対応スマホ一覧
機種名発売日
「AQUOS R5G」3月27日発売
「ZTE Axon 10 Pro 5G」3月27日発売
「LG V60 ThinQ 5G」4月下旬以降
「OPPO Reno3 5G」7月下旬以降

この中から3月27日に発売予定の「AQUOS R5G」、「ZTE Axon 10 Pro 5G」をとりあげて解説します。

「AQUOS R5G」

5G対応スマホ。約6.5インチの「Pro IGZOディスプレイ」搭載で、鮮やかな映像を楽しめます。またAI対応の4眼カメラを搭載。8Kで写真や動画も撮影できます。

「AQUOS R5G」と旧モデル「AQUOS R3」比較

AQUOS R5GAQUOS R3
機種代金129,600円95,040円
通信速度
(下り/上り)
5G2.0Gbps/103Mbps
4G988Mbps/46Mbps988Mbps/37.5Mbps
カメラ画素数メイン約1,220万画素

約4,800万画素

約1,220万画素

ToF
約1,220万画素

約2,010万画素
サブ約1,640万画素約1,630万画素
バッテリー容量3,730mAh3,200mAh
重さ189g185g

AQUOS R5G メリット
さすがの5G対応スマホ。5G対応エリア内だと超高速通信が可能です。またカメラ機能も大きく進化。8K動画や写真が撮影できるワイドカメラが搭載され、カメラの数は2眼から4眼に増えました。
AQUOS R5G デメリット
金額が高いのがネックです。また、5G対応エリアはまだまだ限定的なので使用できる場所が限られます。

「ZTE Axon 10 Pro 5G」

5G対応スマホ。約6.4インチの有機ディスプレイ採用。美しい映像をあますことなく楽しめます。4,000mAh大容量バッテリー&高性能プロセッサ搭載だから、充電を気にせず、長時間動画やオンラインゲームができます。メインカメラには3つのカメラを採用。またAI搭載のため、最適なモードに切り替えての撮影が可能に。印象的な写真も手軽に撮影できます。

前のモデルが日本で販売していないので比較は割愛します。

ZTE Axon 10 Pro 5G
機種代金89,280円
通信速度
(下り/上り)
5G2.0Gbps/103Mbps
4G988Mbps/46Mbps
カメラ画素数メイン約4800万画素

約2000万画素

約800万画素
サブ約2000万画素
バッテリー容量4,000mAh
重さ176g

ソフトバンクの5G料金プランは?

5Gサービスを受けるには対象の料金プランであることに加え、「5G基本料(1,000円/月)」の加入が必要です。

以下が5G料金プランです。

  • 「メリハリプラン」
  • 「ミニフィットプラン」
  • 「スマホデビュープラン」
  • 「データシェアプラン」
5Gの利用料金
5G基本料通常1,000円/月

5G無料キャンペーン実施中2020年8月31日までにお申込みをした場合、5G基本使用料が2年間無料となります。

ソフトバンクの5G対象エリア

現在の対象エリアは3月末時点で7都府県の一部エリアのみ。まだまだ対象エリアは限定されています。ソフトバンクは2021年12月までに人口カバー率90%の達成を目指して基地局の整備を進めているそう。今後のエリア拡大に期待ですね。

公式:5Gサービスエリアマップ

ソフトバンク「5G LAB」 サービス開始

ソフトバンクは、5G体験ができるコンテンツ配信サービスとして「5G LAB」の提供を2020年3月27日からスタートしました。

5G LABではエンタメやスポーツ、LIVE観戦などのコンテンツをスマホやタブレットを通じて体験できます。4GLTEでも視聴可能ですが、5Gだとより臨場感あふれる映像が楽しめます。

5GLABには4つのカテゴリーがあります。

  • 「AR SQUARE」
  • 「VR SQUARE」
  • 「FR SQUARE」
  • 「GAME SQUARE」
  • 「AR SQUARE」

    AR技術を活用したコンテンツを「AR SQUARE」アプリで楽しめます。アイドルやキャラクターを動かして鑑賞したり、スマホのカメラを通じてアイドルやキャラクターを画面上に登場させ、一緒に撮影しているかのような写真や動画が撮れます。憧れの存在と同じ空間にいる体験は夢がありますね。また国内最大規模のスタジオで30台のカメラを使って撮影した「AR SQUARE」オリジナルコンテンツも取りそろえています。

    「VR SQUARE」

    音楽ライブやスポーツ観戦などを複数の視点から鑑賞できます。目の前で見ているかのような体験ができるので、臨場感あふれる映像に興奮すること間違いないでしょう。スマホだけでも、視点を切り替えての視聴が可能ですが、専用のVRゴーグル※を装着することでコンテンツを立体的に感じられます。
    ※先着でVRゴーグルをプレゼントするキャンペーン実施中です。

    「FR SQUARE」

    「FR SQUARE」のFRは、「Free view point Reality(多視点)」というソフトバンクの造語を略したもの。舞台や会場の正面、側面など多視点から映像を楽しめます。また、音楽ライブではお気に入りのメンバーに焦点をあてて視聴したり、PayPayドームで開催される福岡ソフトバンクホークス戦では打者のバッティングを好きな角度で視聴したりすることができます。思い入れのあるライブやスポーツ観戦なら、こだわりの場所から鑑賞したいという想いは強いはず。観客席を自由に移動できる感覚はとても贅沢ですね。

    「GAME SQUARE」

    NVIDIAのクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」を活用することで、データ処理の負荷が高いPCゲームを端末や場所を問わず、どこでも利用可能になります。「GeForce NOW Powered by SoftBank」の提供は6月以降に開始となり7月31日まで無料で利用できます。なお月額1,800円がかかります。

    5G LAB利用料金は?

    「AR SQUARE」「VR SQUARE」「FR SQUARE」は3月27日から7月31日(予定)まで無料で利用できます。無料体験後は「5G LAB ベーシック」(月額500円)の申し込みで3つのコンテンツが引き続き利用可能に。ただし5G基本料に加入の場合、「5G LAB ベーシック」は無料となります。さらに5G LABは「動画SNS放題」の対象のため、データ容量を気にせずご利用いただけます。

    5G LAB利用料金等まとめ
    「5G LAB ベーシック」
    (「AR SQUARE」「VR SQUARE」「FR SQUARE」)
    「GAME SQUARE」
    サービス開始日付3月27日6月以降
    無料期間3月27日から7月31日(予定)6月以降に開始となり7月31日まで
    8月以降の利用料金3月27日から7月31日(予定)6月以降に開始となり7月31日まで
    動画SNS放題対象対象

    まとめ

    SoftBankで5Gサービスをスマホで利用するには以下の条件を満たす必要があります。

    • 5G対応機種であること
    • 5G対応料金プランに加入
    • 5G基本料加入
    • 5G対象エリアであること

    全ての条件を満たすには時間を要するかもしれません。ですが、現代の通信技術を一変させると言われている5Gをぜひ体験したいものですね!